水戸市の酒屋きなせ『楽しい飲酒生活案内人』の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ワインを保存・管理する時に気を付ける事とは!』

<<   作成日時 : 2016/09/28 17:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

皆さんこんにちは!
茨城県水戸市の酒屋【度胸で仕入れ、情熱で売る!】
リカーショップキナセの店主
『楽しい飲酒生活案内人』の木名瀬敦志です!

画像


日頃からワインを飲んでいる方はもとより、これからワインを飲み始めようと思っている方の中には、ワインはとても難しいものだというイメージを持っている方が多いように思われます。ワインを選ぶ時のポイントや、飲み方等がよく分からないと相談を受けますが、中でも、一番相談が多いのが『自宅での保管方法』についてです。


そこで、今日は、『これさえ守ればもう安心!ワイン管理の鉄則3か条』をお話ししたいと思います。ワインは物凄くデリケートなお酒だと思われていますが、実は意外と強いお酒なんです。むしろ、日本酒の方が温度管理などに気をつけないと品質が変化し易いので、神経を使うと思います。


ワインを保存するうえで気をつけたいのは、『光』・『臭い』・『温度変化』の三つです。これらの事は、お酒全般に当てはまるのですが、特にワインにとってはとても大切で、これらのうち、どれか一つでも注意が欠けてしまうと、せっかくのワインが悲しいことになってしまいます。


まず『光』ですが、太陽の光や蛍光灯の紫外線は要注意です。白ワインなどは、『ロゼ化』と言ってピンク色に変色し、味わいも変わってしまいます。続いて『臭い』ですが、香りや臭いの強いもの(例えば、キムチとかニンニク等)と一緒に保管するとコルク栓などを通して臭いが移るとも言われていますので、出来るだけ同じところには保管しない方が良いと思います。特に、冷蔵庫内で保管する際には注意が必要です。


そして『温度変化』については、寒過ぎず、暑過ぎないところで、年間の温度変化の少ない所で保管してください。15度から25度くらいまでに抑えられれば最高のコンディションだと思います。よく言われる『湿度』に関しては、日本は湿気があるのでそれほど気にする必要はないと思います。ただし、長期間に渡ってワインを保管する際には、専用のワインセラーを使う事をお勧めいたします。


このような事を考えながら、ご自宅における最良の場所を探してみましょう!日が当たらなく静かで、臭いのきつい物がなく、温度変化の少ない所。例えば、床下の収納庫や押し入れ等はいかがでしょう。ワインの保存・管理が難しいと思っていた方も、これさえ気にしていれば心配なく、自宅でワインを楽しむことができます!これからも、ワインと気軽に付き合うポイントをご紹介していきたいと思います。

本日も、最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。


『コース料理に合わせるワイン選びの目安!』
http://jizake.at.webry.info/201609/article_19.html

『お酒の学校を始めます』
http://jizake.at.webry.info/201505/article_3.html



Follow @kinase_sake

お酒の最新入荷情報!
https://twitter.com/kinase_sake

フェイスブックもやってます!
https://www.facebook.com/kinasesaketen
楽しい飲酒生活の、明るい未来の為にワンクリックお願いします!
 ↓

人気ブログランキングへ

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『ワインを保存・管理する時に気を付ける事とは!』 水戸市の酒屋きなせ『楽しい飲酒生活案内人』の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる