水戸市の酒屋きなせ『楽しい飲酒生活案内人』の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 『開店祝いに持って行くお酒について』

<<   作成日時 : 2017/04/13 19:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

皆さんこんにちは!
茨城県水戸市の酒屋『度胸で仕入れ、情熱で売る!』
リカーショップキナセの店主
『楽しい飲酒生活案内人』の木名瀬敦志です!

画像


4月は新年度の始まりという事もあって、一年の中でも新しいことを始める方が多い月でもあります。新しく事務所を開いたり、料理屋さんを開業したりするのには区切りが良いのかもしれませんね!そこで今日は、その様な新しい船出の時に贈りたいお祝いのお酒についてお話ししたいと思います。


先日、御来店いただいたお客様から『今度、友人が居酒屋さんを始めるので、何かお酒を贈りたいと思っているのですが、何を選んでいいのか迷ってしまうんです!』と言った、御相談を受けました。お酒が好きな方なので、何でも喜んでくれると思うのですが、せっかくならば、何か気の利いたものがないかと、相談にいらっしゃったのです。


最初は、お祝いごとにピッタリの名前の物が多い日本酒が良いのではとも思いましたが、今回は、陶器の甕壺に入っている焼酎をお勧めさせて頂きました。宮崎県の古澤醸造さんが造る芋焼酎の原酒を2.7Lの陶器の甕壺に詰めたものです。気温が高くなってくるこれからの季節を考えると、差し上げた先での管理がしやすく、味わいの変化が少ない物がベストだと思い、今回は芋焼酎の原酒を選びました。陶器に詰められたお酒は味わいが変化しやすいのですが、この商品はアルコール度数の高い36度の原酒ですので、その心配はありません。


また、容器が陶製の甕壺なので、見た目のインパクトもあり、2.7Lサイズという大きさも加わって、見た人の目を釘付けにしてくれることでしょう(笑)普通の一升瓶のお酒でしたら、すぐに片づけられてしまうかもしれませんが、このお酒ならば、人目のつく所に飾ってもらえること請け合いです・・・!


感の良い方なら、もうお気づきのことと思いますが、このお酒の容量が2.7L、つまり一升(1.8ℓ)と半升(0.9ℓ)という事から、『一升半升』となり、語呂合わせで『一生繁盛』となり、この陶製の甕壺には『一升繁盛』の文字が焼印されているんです。ちょっと、オヤジギャグの様にも思えますが、これが、なかなか洒落が効いている〜と、喜んでくれる方が多いんですよ!


常温でも日持ちがして、味わいの変化が少なく、見た目のインパクトから飾ってもらえ、しかも、洒落が効いているとなれば、もう!言う事ありません・・・。大切な方への贈り物で迷った時には、是非!候補の一つに考えてみてはいかがっでしょうか・・・。

本日も、最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

一生繁盛ツボ・芋36度 2.7L 6,500円(税別)


『お酒の旨さは、グラスの洗い方で変わります!』
http://jizake.at.webry.info/201608/article_16.html

『新聞紙は万能の包装紙なんです!』
http://jizake.at.webry.info/201608/article_1.html

『お酒の学校を始めます』
http://jizake.at.webry.info/201505/article_3.html



Follow @kinase_sake

お酒の最新入荷情報!
https://twitter.com/kinase_sake

フェイスブックもやってます!
https://www.facebook.com/kinasesaketen

楽しい飲酒生活の未来の為に、ワンクリックをお願いします!
  ↓

人気ブログランキングへ



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『開店祝いに持って行くお酒について』 水戸市の酒屋きなせ『楽しい飲酒生活案内人』の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる