水戸市の酒屋きなせ『楽しい飲酒生活案内人』の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 『かぼすリキュールの意外な活用法・・!』

<<   作成日時 : 2017/08/12 18:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

皆さんこんにちは!
茨城県水戸市の酒屋『度胸で仕入れ、情熱で売る!』
リカーショップキナセの店主
『楽しい飲酒生活案内人』の木名瀬敦志です!

画像


今日は、7月20日の稿『真夏にお勧めのお酒』でご紹介させて頂きました、大分県の常徳屋酒造さんから新発売された『かぼすリキュール』の意外な活用法についてお話ししたいと思います!蔵元の常徳屋酒造さんは、地元、大分産の『ハダカ麦』通称『宇佐ぼうず』を使った香ばしい香りの麦焼酎『道中(どうちゅう)』で人気の蔵元様です。


大分の酒と言えば『麦焼酎』ですが、それを飲むときになくてはならいのが、同じく大分名産の『かぼす』なんです。関東の方にはなじみの薄い柑橘系の果物ですが、地元では料理はもとより、焼酎を飲むときにも大活躍の果物です。その地元産の『かぼす』をふんだんに使って造ったのが、今回ご紹介する『かぼすリキュール』なんです。


麦焼酎ベースのリキュールなので、もちろんそのまま飲むことも出来ますが、焼酎の水割りやハイボールに『香り付けの柑橘系』の代わりとしても使うことができるんですよ。本来なら生のかぼすを使うのが一番良いのですが、生は日持ちがしないので、ほんのちょっとだけ使うのに1個を買うのは躊躇する方も多いと思います。そんな時に重宝なのが、この『かぼすリキュール』なんです。


アルコールに別のアルコールを入れても大丈夫なの!?と驚かれる方もいらっしゃいますが、風味付けにほんの少し入れる程度でしたら、元のお酒の味を損なう程ではありませんので、問題ないかと思います。焼酎ですので、日持ちもしますし、1本置いておけば、いつでも使えてとっても便利です。


爽やかな香りとさっぱりとした甘さの常徳屋さんの『かぼすリキュール』は、そのままストレートでも、ロックでも、炭酸で割っても、さっぱりとお召し上がれます。暑い夏にピッタリです。お盆でご家族、御親戚、友人、皆さんでお飲みになる時に、1本あるとお酒の楽しみ方が広がると思います。瓶底に果肉が沈殿していますので、使う前にはよく振ってお召し上がりください。

本日も最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

常徳屋・かぼすリキュール 720ml 1,250円(税別)


『酒蔵が造る、和リキュールの世界』
http://jizake.at.webry.info/201706/article_18.html

『エアコンの増設工事を計画中!』
http://jizake.at.webry.info/201707/article_15.html

『おもてなし水戸っぽ隊』
http://mito.inetcci.or.jp/omotenashi/

『大人の嗜好品』
http://jizake.at.webry.info/201702/article_27.html

『ザ・サードプレイス!お酒のワンダーランドを目指しています!』
http://jizake.at.webry.info/201508/article_8.html

『新しいお酒のファンの芽が出始めました!』
http://jizake.at.webry.info/201701/article_9.html

『お酒の学校を始めます』
http://jizake.at.webry.info/201505/article_3.html




Follow @kinase_sake

お酒の最新入荷情報!
https://twitter.com/kinase_sake

フェイスブックもやってます!
https://www.facebook.com/kinasesaketen

楽しい飲酒生活のためにワンクリックを、お願いします!
  ↓

人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『かぼすリキュールの意外な活用法・・!』 水戸市の酒屋きなせ『楽しい飲酒生活案内人』の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる