『生ビールサーバーを借りた時に気を付ける事とは?』

皆さんこんにちは!
茨城県水戸市の酒屋『度胸で仕入れ、情熱で売る!』
リカーショップキナセの店主
『楽しい飲酒生活案内人』の木名瀬敦志です!ʅ(◔౪◔ )ʃ

20190717_163116.jpg

今週末には水戸の千波湖で花火大会が開催されますが、毎年今の時期になると『生ビールサーバー』に関するお問い合わせが急に多くなってきます。夏休みのイベントや夏祭り、お盆に親戚が集まった時などに使われるそうです。自宅やお祭り会場でビールサーバーから注ぎたての冷えた生ビールを飲めるなんて最高ですよね!


そこで今日は、生ビールを少しでも美味しく飲んでいただくため、取扱いに関する注意点についてお話ししたいと思います。私の店でも、毎年沢山の方に『生ビールサーバーのセット』を貸し出してますが、その際には、経験者や初心者を問わず、使い方や取扱いの方法などを丁寧に説明するようにしてます。大抵の方なら一度聞けば分かる程度の事なのですが、これだけは注意してくださいと言うものがあります。

例えば、10Lの生ビールを冷えた状態で飲むためには、最低でも3キロの氷が必要なことやビールを注ぐ際の注意点などもご説明しますが、それ以上に大切なのが『生ビールの樽の扱い方』に関することです。いざ!飲もうとした時に、泡だらけのビールが出てきたり、味の変わった美味しくないビールが出てきたら残念ですよね~


そうならないために、次の二つを守って下さい!一つ目は『直射日光のあたるところに置かない事』です。生ビールの樽は熱の伝わりが良いため、温度の高い所や直射日光が当たる所に置くと中のビールが温かくなって劣化してしまいます。バーベキューなどで屋外で使用するという時は日影の所に置くなど、注意してください。


次に、『移動した後は静かに休ませること』です。生ビールは振動に弱く、車で運んでからすぐに使うと泡だらけのビールになってしまいます。運んだ後は、しばらくの間、静かに休ませることをお勧めします。


聞けば、なるほど!と思える様なちょっとしたことですが、樽生ビールにとってはとても大切なことで、強いては、美味しい生ビールを味わうことができる秘訣でもあります。今年の夏は、これらの点に注意して、美味しい生ビールをお楽しみください!当店のレンタルサーバーは台数に限りがありますので、ご予定がお決まりの方は、お早めにご予約下さいますようお願いいたします。

本日も最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

149949572678725961178.jpg



『モリシマ画伯の新作が登場!』
https://jizake.at.webry.info/201808/article_20.html

『当店の隠れた人気者、リンゴジュースはいかがですか!』
https://jizake.at.webry.info/201808/article_13.html

『シングルカスクNo.602』
http://jizake.at.webry.info/201712/article_24.html

『大人の嗜好品』
http://jizake.at.webry.info/201702/article_27.html

『ザ・サードプレイス!お酒のワンダーランドを目指しています!』
http://jizake.at.webry.info/201508/article_8.html

『新しいお酒のファンの芽が出始めました!』
http://jizake.at.webry.info/201701/article_9.html

『お酒の学校を始めます』
http://jizake.at.webry.info/201505/article_3.html





お酒の最新入荷情報!
https://twitter.com/kinase_sake

フェイスブックもやってます!
https://www.facebook.com/kinasesaketen

楽しい飲酒生活のためにワンクリックを、お願いします!
  ↓

人気ブログランキングへ





この記事へのコメント